DTB GUIDE

地デジアンテナを取り付けるなら|メリットを知っておこう

アンテナ選びに関して

それぞれのメリットは

作業員

アナログ放送が終了したため、自宅でテレビを見る際には地デジアンテナの設置が不可欠となりました。その地デジアンテナに関しては、いくつかの種類がありそれぞれにメリットがあります。まず一つ目が、家の屋根の上やベランダなどに設置されている屋外タイプの八木式アンテナです。このアンテナのメリットとしては、電波の受信精度良さであり、およそどのような環境下であっても電波を受信することが可能です。このアンテナの設置においては、専門の業者に依頼する場合がほとんどで、そのため工事費用がかかります。二つ目に、屋内屋外どちらでも使用が可能なタイプとして、平面アンテナがあります。屋外に設置する場合、省スペースで設置ができ、シンプルなデザインであるため建物の外観を損ねないというメリットがあります。その取り付けにあたり、個人でも設置は簡単ですが、電波を受信するための調整には専門の知識が必要であるため専門業者に依頼するのが妥当であると言えます。また、専用スタンドを利用して屋内に設置することも可能で、この場合は特に工事は発生しません。しかし、電波の受信に関しては八木式アンテナに比べて劣るため、お住いの地区の電波状況を確認する必要があります。そして三つ目が、完全な屋内式のアンテナで、この地デジアンテナに関しては、小型で卓上に置くだけで使用が可能なので導入が非常に容易であるという点が挙げられます。しかし、全て地デジアンテナの中で最もその受信精度が低く、周りに遮蔽物などがある環境では使用がしにくいという欠点があります。

アンテナの選び方

丸いアンテナ

地デジ放送は、テレビを買って電源を入れただけでは見られません。地デジ受信のためには、まず地デジアンテナを設置する必要があるのです。そして、今の地デジアンテナは、選択肢が豊富なのも特徴です。通常利用されるのは「UHFアンテナ」と呼ばれるもので、大きく分けて3タイプの形状があります。まず一番多いのが「八木アンテナ」で、やや大型で目立つものの、電波を拾う性能に関しては随一の万能タイプです。次に、ボックスタイプのデザインアンテナは、一見して「アンテナ」とは分からないような造りで、取り付けても住宅の外観を損ねないのが魅力です。また、このタイプの地デジアンテナは、鳥害や強風の被害に遭いにくく、落雷に強いのもメリットです。そして最後が、取り付け工事が要らない室内アンテナで、これは電波の強い地域で手軽に使いたい場合に向いています。以上の3タイプそれぞれに、値段や性能の違う様々な製品がありますから、予算や住んでいる地域の電波状況に合わせて、最適な地デジアンテナを選びましょう。そして、その選択の際のポイントは、アンテナ自体の「素子数」と「利得(db)」です。基本的に、この2点について性能が上がるほど、価格も高くなります。ただ、一般住宅で、特に周辺の電波状況が劣悪というのでなければ、一般的な売れ筋商品を選んでおけば間違いはありません。その場合は、見た目や家の外観との調和を重視して選べば、満足のいく地デジアンテナ購入ができるでしょう。

地デジが見えます

TV

家を購入された方、家を建てた方の中には、地デジアンテナの工事を検討されている方も多いと思います。なぜなら、地デジは、ケーブルテレビなどと契約していない限り、地デジアンテナがないと観ることができないからです。地デジアンテナの工事は、様々な会社が行っています。大手のアンテナメーカであったり、地元に密着している中小の電気店であったりと様々です。その為、どこに頼めば良いか、迷ってしまう所です。一番良い方法は、複数の会社で見積もりをとる方法です。地デジアンテナ自体、多くのメーカーからでており、価格も性能も違っています。また、地デジアンテナ自体の大きさや設置方法も異なっているので、どのタイプならご自宅に取り付けることが可能か、事前に確認しておくことが大事です。もし、設置スペースを小さくしたいなら、ボックスタイプにしたり、設置スペースにこだわらないようであれば、一般的なアンテナタイプにしたりとご自身で予め決めておくと、見積もりでの話が進みやすいです。複数の工事業者で見積もりを取る際には、見積もり条件を同じにすることが重要です。どのメーカのどの地デジアンテナにするといったことや、屋根の上に取り付けるのか、ベランダに取り付けるのかといったことまで、同じ条件で見積もりをとると、より精度の高い見積もり結果が得られ、どの業者が最も、工事費が安いか分かり易くなります。地デジアンテナ工事業者選びは、工事費だけでなく、アフターサービスの充実性も視野にいれることをお勧めします。