DTB GUIDE

地デジアンテナを取り付けるなら|メリットを知っておこう

設置業者の選び方

見積書の比較検討

丸いアンテナ

新築住宅を建てる場合には、地デジアンテナを取り付けなければテレビを見ることはできません。地デジアンテナ自体は数千円のものから1万円を超えるものまでありますが、それほど高額ではありませんので、自分で購入して自分で設置する人もいます。ただ、屋根上での作業は危険であるうえ、しっかりと設置しなければ風雨で倒れたり傾いたりする恐れがあるため、専門業者に依頼することがお勧めです。専門業者に依頼した場合、5万円から8万円程度で設置することができます。たくさんの業者がいるため、どの業者に依頼するかを選ぶ場合には、見積もり等をもらって比較検討する必要があります。地デジアンテナの本体程度の費用で工事をするとしているところもありますが、工事施工後に様々な項目で費用を請求してくる場合がありますので、見積もりをもらうときには注意が必要です。複数のテレビをつなぐ場合には、アンテナ線を分けるために分配器が必要になりますし、電波が弱い場合や分配して電波が弱まってしまう場合には電波を強くするためのブースターが必要になります。それらの設置機器の費用も業者によって異なってきますので、地デジアンテナ以外の機器費用によって大きな影響がでてきます。見積もりを行う段階で適切な費用かどうかをチェックすることが重要になります。地デジアンテナの設置は簡単なようで、屋外に設置するために経験も必要になりますので、業者選びを慎重にしなければなりません。

テレビを見るための作業

男女

地デジアンテナを設置しなければテレビを見ることができませんが、その設置のためには専門業者に依頼することが大切です。専門業者を利用することで、安心してテレビを見ることができるからです。地デジアンテナは、ホームセンターなどで気軽に購入することができるので自分でも設置できるイメージがありますが、実際にはプロの専門家にお願いすることが大切です。屋根の上での危険作業になることもありますが、それ以上に素人には設置がむつかしいからです。地デジアンテナは当然のことならが屋外に設置する場合がほとんどですから、常に風雨にさらされることになります。そのため、台風や強風の際には被害が発生する可能性が高くなります。せっかく自分で地デジアンテナを取り付けたとしても、強風でアンテナが傾いたり外れたりしてしまうと、また設置しなおさなければなりませんし、場合によってはアンテナを買いなおす必要が出る場合もあります。そうならないためにも専門家である業者を利用するメリットがあるのです。また、地デジアンテナを取り付ける場合には、きちんと電波を受信できなければテレビを見ることができません。また、アンテナが電波を受信できても、ケーブルでそれぞれのテレビに電波を流さなければテレビを見ることはできません。適切な電波を受信して、それを確実にテレビまで送ることができるようにするには、素人ではむつかしい場合があります。そのためにも、専門業者を利用する必要があります。

参考になるネットの情報

テレビ

地デジアンテナ工事は、家の新築時など、依頼する機会が多くないので、地デジアンテナ工事について詳しく知っている人はあまり多くありません。地デジアンテナ工事を依頼するときに気になるのは、工事が完了するまでの日数、トータルの費用、工事委託先の信頼性です。地デジアンテナ工事は、アンテナを設置する場所によって所要時間や費用がことなりますが、数時間で終わる場合がほとんどなので、忙しい人でも時間の心配はいりません。しかし、適切な費用で工事を依頼するためには、地デジアンテナ工事にかかる費用の相場を把握し、事前に詳細の見積をもらっておくことが大切です。地デジアンテナ工事の費用は、シンプルなものであれば5万円程度ですが、BSアンテナを追加したり、分波器を使う場合にはさらなる費用が発生します。インターネット上では、地デジアンテナ工事の手順や、おおよその費用相場などの情報を調べることができるので、見積をもらう前には、事前に知識を準備しておくのがおすすめです。地デジアンテナ工事を依頼できる業者はたくさんあります。個人経営の電気工事店に依頼するのが心配な場合には、家電量販店に依頼をするという方法もあります。いくつかの工事業者に見積を依頼したいときは、電話帳やインターネット検索で近所の工事業者を探す必要があります。インターネットでは、個人のブログなどに、地デジアンテナ工事業者に関する評判や注意点が書かれていることもあるので、そういった情報を上手に活用しながら依頼先を選ぶという方法もいいでしょう。