DTB GUIDE

地デジアンテナを取り付けるなら|メリットを知っておこう

アンテナ工事の見積もり

アンテナ設置は難しいのか

作業員とアンテナ

住宅建築時に大抵はアンテナ工事を行います。最近ではケーブルテレビによる地デジ受信のご家庭も増えましたが毎月のケーブル使用料が掛かります。アンテナを設置してしまえば、毎月の費用は掛かりません。地デジアンテナの設置費用の相場は5万円とも10万円とも言われており、設置場所や業者によっても費用が変わると言われています。多くの方がしれないでしょうが、地デジアンテナ設置に必要な部材はそれほど高いものではありません。業者の中には相場の半額程度で地デジアンテナ設置工事を行うこともあります。地デジアンテナ工事の業者選びで持たれる懸念とは、安ければ部材や手間を省くというようなイメージを持つ人も多いでしょう。地デジアンテナ設置工事に関わる費用の明細は意外に不透明なことがあります。アンテナ部材を生産しているメーカーも様々で、当然メーカー別に価格も変わってきます。作業は高所で行うことがあり、高所作業費が含まれることがあります。必用な材料をすべて大手家電店で購入するとなれば、一般家庭用の部材で10,000円未満で揃えることが可能です。取り付け方法も難しくはありません。問題は正しい設置方法です。アンテナの転倒がないようにしっかりと固定し、すべての電波が受信できる方向に向けることです。安全な作業スペースの確保が出来れば、設置は誰にでもできます。お値打ちな設置業者もあります。費用と作業内容が適正であるかの確認のために業者の見積もりの比較も行うべきです。

基礎知識と業者選び

部屋

アナログ放送終了に伴って、テレビを見るためには地デジアンテナを設置することが必要となりました。地デジアンテナには3つの種類があります。屋外用と屋外・室内兼用、室内用です。屋外用は、ベランダなどに設置して電波を受信するタイプです。3種類のなかで一番安定して電波を受信することができるので、このタイプを利用している人が一番多いでしょう。次に屋外・室内兼用です。屋外と室内どちらでも設置できるタイプです。屋外用と比べて見た目がよく、景観を重視する人に人気です。最後は室内用です。室内のみで使用することができます。比較的サイズが小さく、取り扱いが容易であることがメリットです。地デジアンテナを設置するときに一番重要なことは、電界強度です。電界強度とは簡単に言えば、電波の強さのことです。電波の強さというのは、電波塔からの距離や障害物の有無などによって変わります。それらを地域ごとに取り決めたのが電界強度です。設置できる地デジアンテナは、この電界強度によって決まります。強い電界強度の地域では、すべてのタイプのアンテナを使用することができます。弱い電界強度の地域では、安定して電波を受信することができる屋外用を設置します。電界強度を知るためには、特別な知識が必要です。したがって地デジアンテナを設置するには、業者に設置工事を依頼することが望ましいでしょう。業者に依頼すれば、電界強度を調べてくれ、どのタイプのアンテナを設置することができるかを簡単に知ることができます。業者を選ぶポイントは、しっかりと家の状況を確認してくれるかどうかです。家の状況に応じて見積りを出してくれる業者が良いでしょう。

受信にに影響する場合も

アンテナ

地デジは地上デジタル放送を略した呼び方なのですが、この地デジを視聴するには対応したテレビと地デジアンテナが必要になります。また地デジアンテナの設置はどこでも良いという訳ではなく、受信するのに適した場所を選んで取り付ける事になります。受信するのに適した場所は、隣の建物などの影にならない見通しが良いところという事になりますので、屋根などの高所が適しています。そういった事もあって、地デジアンテナDIYで取り付けるのは大変に危険な作業になりますので、業者に依頼して設置してもらう人がほとんどです。地デジアンテナの取り付けは、家電量販店などの取り扱いをしている業者に依頼すれば、すぐにでもやってもらう事が出来ます。ですが地デジアンテナは取り付け方によって受信に影響する事も有りますし、台風などにも耐えられるようにしっかりと設置する事も重要です。ですから業者を選ぶ際には多くの人に利用されていて評判が良く、信頼する事が出来るところを選ぶようにしましょう。そうやって選ぶと、やはり地デジアンテナの取り付けを専門としている業者が、技術的にもしっかりとしているので安心という事になります。地デジアンテナの取り付け専門の業者はインターネットで検索すれば、すぐにいくつもの業者を見つける事が出来るはずです。現地での調査や見積もりも無料でしてくれる業者も多いので、まずは問い合わせの電話やメールをしてみると良いでしょう。