DTB GUIDE

地デジアンテナを取り付けるなら|メリットを知っておこう

大きく分けて2種類あり

電波の強さで決める

アンテナ

テレビをコンセントに刺すだけでは、テレビ番組を見ることはできず、地デジアンテナと接続する必要があります。地デジアンテナには主に住宅の屋根の上に立てるUHFアンテナと住宅内または外壁に配置して、外観にマッチするデザインアンテナの2種類があります。地デジアンテナというと屋根の上にある魚の骨のようなUHFアンテナを思い浮かべる人が多いですが、昔からあるアンテナではありますが、今でも最高の受信性能を誇っています。電波状態が良いところはもちろん、電波状態が弱いところであっても素子数を多くすることでテレビを視聴することができます。必要な素子数は地デジの送信塔からの距離で決まりますが、単純には決まらないこともあるので、専門の機器と技術を持った電気工事店に相談するようにしてください。電波状態の良い住宅ではデザインアンテナを選ぶと、住宅の景観を損なうことがないため人気になっています。特に電波状態が良い住宅では、壁の中にデザインアンテナを設置することができるので、景観は全く損なわれず、風雨にさらされることがないので、アンテナが長持ちするメリットもあります。地デジアンテナそのものの性能も大切ですが、それより重要なのはアンテナを工事してもらう業者です。多くの場合、屋外に設置することになる地デジアンテナはしっかりした施工や防水加工がされていないと数年でテレビが見れなくなってしまうかもしれません。信用のおける業者に工事を頼むようにしてください。

コツと注意点

作業員

地デジアンテナは地デジ放送を見るのに欠かせないものです。地デジアンテナにもいくつかの種類があり、設置を行う業者も多様です。適切な選び方をしないと、せっかくの美しい映像がうまく見られないということもありえます。地デジアンテナを正しく選ぶには、まず自分の住まいの電波強度を知る必要があります。電波が強ければ比較的小さくて簡易的な地デジアンテナでも問題ありませんが、弱ければしっかりとしたものを選ぶ必要があります。簡単なのは、周囲の家でつけているアンテナをチェックすることです。どのようなものをつけているかチェックすることにより、選ぶときの目安になります。家電量販店や電器店などの店員に聞くのも一つの手ですが、店員が詳しいとは限らないので参考までに留めておくのが無難でしょう。設置業者が無料で測定してくれることも多いので、積極的にサービスを活用するのがおすすめです。アンテナの種類について知り、自宅に最適なものがどれなのかを知ったら次は業者選びです。業者を選ぶときは、電波測定が無料かつ正確に測定してくれるか、対応がよいか、うまく写らないときの保証はあるかなどを考慮して選ぶのがコツです。電波測定については、きちんと器具を使って測定してくれるところの方が安心です。地域としての強さはわかっても、様々な外的条件から自宅の強さが変わることはありうるためです。また、自宅にあがって作業をすることになるので、信頼できるきちんとした対応かも見極める必要があります。

事前に情報を集める

アンテナの取り付け

住宅に地デジアンテナを取り付ける場合には、たくさんの専門業者がネットなどで宣伝していますので、その中から選ぶことになります。もちろん、家電量販店を通して地デジアンテナの取り付けを依頼することも可能です。いずれにしても、無駄に費用をかける必要はありませんし、しっかりと工事をしてもらわなければなりませんから、地デジアンテナの取り付けを依頼する場合には、事前に知識を蓄えておくことが大切です。地デジアンテナの本体費用や工事費用の相場、どのようなアンテナがいいのか、どのような工事が必要になるのかなどを知っていることで、専門業者とのやり取りをスムーズにすることができます。地デジアンテナの種類には昔のアンテナのようなUHFタイプのものや箱型のデザインアンテナと呼ばれるものなどがあり、数千円から1万円程度で販売されています。住宅用で一般的に購入されているのは1万円程度のものです。そして、実際の工事に伴っては、住宅内で複数のテレビにケーブルをつなぐための分配器や受信する電波が弱かった場合などに電波を増幅させるブースターなどの機器が必要になります。それらの機器とアンテナ本体、工事費などを含めると5万円から8万円程度が相場と言えます。実際に工事を発注する場合には、あらかじめ見積もりを取ることが必要ですが、電波の受信状況等がわからなければ見積もりもできないはずですので、しっかりと情報を聞いてくる業者ほど信用できます。